建設工事の赤字を防ぐニックスジャパンの工事実行予算管理システム『クロジカ』&コンサルティング


ご挨拶


弊社は、1996年7月に建設産業および製造業の経営の高度化を目的として設立いたしました。

 設立当初には、社会環境の変化に伴い着手した事業として、ISO9001(品質に関わる国際標準規格)
の認証取得支援を行って参りました。
ISO9001とは、建設産業および製造業にとって顧客満足を得る品質確保の仕組み構築がなされ円滑な
運用が実施されることにより適正な品質を持った製品が誕生するというマネジメントシステムです。
このことは、例えば製品検査のシステムがあるのか、また適切な検査基準および検査体制を有している
のか等々、世界標準企業としての組織、生産システムが必要であり、我々の目指す経営の高度化に
不可欠な要素を構築する上で、有益なシステムであるといえます。
現在までに当社が関わるISO9001認証取得支援先企業は、100社に及ぶところまでになっております。

 次にこれらのISO9001認証取得企業に対して、さらなる高度化を目指し、IE(InderstrialEngineering:
生産工学)および PM (Project Management : プロジェクトマネジメント)の手法を用いて、現場から
経営トップに至るまでのマネジメントシステムの効率化等の業務改善を行っております。

 現在、第3フェーズとして、業務改善を行いマネジメントシステムの高度化を達成した企業に対して
マネジメントシステムのIT化を提唱しております。
また、建設現場管理の高度化を図るために PM(Project Management:プロジェクトマネジメント)および
ユニットプライス型積算方式に対応した実行予算管理システムの開発を実施し、システム販売を行って
おります。
弊社の考えにご賛同頂く、上場企業様を始めとして地方の有力企業様に本システムをご採用頂いており
ます。

 このように当社と致しましては、経営の高度化に関わる経営コンサルティングからシステム開発まで
一貫した体制を整え、顧客とともに進化する企業でありたいと考える所存です。


                                                   2017年1月吉日
                                              ニックスジャパン株式会社
                                               代表取締役 野口 道孝

価格一覧
お客様の声1
お客様の声2
お客様の声3
コンサルティング
資料請求
野口社長のブログ