建設工事の赤字を防ぐニックスジャパンの工事実行予算管理システム『クロジカ』&コンサルティング


最終損益を正確に予測することができます!

●最終損益を正確に予測することができます!

日々の進捗を反映した「最終損益見込書」が、いつでもボタンひとつで取り出せます。
残りの予算を管理するだけではなく、
今後の工事にかかる原価を把握して予算管理を行うことが可能です。

【計算式】
残数量=設計数量-実績出来形数量
原価見込=残数量×実績単価
原価総額=支払い原価+原価見込
最終損益=予算金額-原価総額

【赤字回避の迅速で的確な対処】


サンプルの上記舗装工事において、着工から約2ヶ月時点での最終損益見込を見てみると、
集水枡と施工経費で最終的な赤字になりそうなことがわかります(1)(2)

このようにクロジカでは、任意の時点でいつでも簡単に最終損益の予測データを細目レベルで確認できるため、
赤字を回避するための迅速で的確な対処が可能になります。



価格一覧
お客様の声1
お客様の声2
お客様の声3
コンサルティング
資料請求
野口社長のブログ